リアップ 使い方

この記事ではリアップの正しい使い方について詳しく解説していきます。

「リアップを使っても効果が出なかった…」
「もっと効果の出る方法を知りたい」
「自分の使い方が合っているのか気になる」

上記のような悩みがある方におすすめの記事になっております。

リアップは効果の高い発毛剤ですが、間違った使い方をすると100%効果を発揮できません。

なので、発毛を成功させるにはリアップを正しく使う事がとっても大事です!

この記事で分かる事
  • リアップを使うタイミング
  • リアップを塗るコツ
  • 洗髪の必要性
  • ドライヤー使用のタイミング
  • 頭皮マッサージの必要性
  • 各リアップシリーズの使い方

まずはリアップX5プラスネオの容器の使い方から解説します!

リアップの効果について知りたい!という方は「リアップ 効果」をご覧ください。

リアップの使い方/リアップX5 プラス「容器の使用方法」動画 |大正製薬

リアップの使い方
リアップの容器は他の育毛剤と違って少し特殊な容器になっているので、初めての方は戸惑うかもしれません。

しかし、慣れると使用量1mlぴったし正確に使うことができるので、非常に使いやすいです。

リアップシリーズの中でも代表的な「リアップX5プラス」を例に使用方法を解説しますね。

まずはキャップを回して開けます。

その後、容器を逆さにしてリアップの液体を貯めていきます。

だいたい3秒で計量室に1ml貯まります。

液体がたまったら、容器の先端を頭皮に直接押し当てて使っていきましょう。

この時、垂直に当てることを意識すると上手に液体が出てくれます。

斜めに当てると液体が出づらいので、垂直に当てることがコツです

また、押し当てたらすぐに液体が出るようになっているので、リズムよくトントンと場所を変えながら使っていきましょう。

「どれぐらい使えばいいの?」

計量室の液体が出なくなるまで使用してください。

1ml以上使用すると副作用が起きる可能性が高くなるので、欲張らないことがポイントです。

また、

「文字だけじゃ分かりづらい…」

という方もいらっしゃると思うので、大正製薬が公開している容器の使い方の動画を載せておきます。


引用元:リアップX5 プラス「容器の使用方法」動画 |大正製薬

リアップの使い方/タイミング

リアップの使い方/タイミング

「リアップはいつ使うのが効果的なの?」
「1日に何回使うえば効果が出る?」

リアップをいつ使うか、タイミングは非常に気になりますよね!

効果が出ないようなタイミングで使っていたらとてももったいないです。

結論をお伝えすると、リアップは1日2回、朝と晩に使用するのが正しいタイミングです。

1回使用した後、約12時間の感覚を開けてから使うイメージを持ってください。

「なんで12時間なの?」

リアップの主成分であるミノキシジルが浸透してから効果が切れるまで、約12時間だと考えられているからです!

リアップを使用するタイミングについて、詳しく説明していきますね。

リアップを朝と晩に使用する理由

リアップのメーカーである大正製薬は、公式サイトで次のように説明しています。

ミノキシジル は1日2回継続して使用することで発毛効果を発揮します。
1日は24時間ですから、理想を言えば、ミノキシジルを塗った後12時間空けるということになります。
引用元:大正製薬

大正製薬も1日2回の使用にこだわっていることが分かります。

「なんで1日2回なんだろう?1日1回じゃダメなの?」

このような疑問も出てきますよね。

理由は冒頭でもお伝えしたように、ミノキシジルの効果の継続時間にあります。

ミノキシジルの効果は約12時間で切れるので、半日しか持たないんですよね。

効果が切れた後はいつもの頭皮に戻ってしまう訳ですから、薄毛の進行が始まります。

しかし、ミノキシジルの効果をずっと継続できれば、髪の毛が映える状況がずっと続く訳なので、発毛効果も高まります。

つまり、1日2回使用するのは、常にミノキシジルの効果が続いている状態を継続させる意味があるのです。

逆に言うと、ミノキシジルの効果が切れた状態が長いとあまり効果を発揮できないとも言えます。

ミノキシジルを1回しか使わないと言うのは、一歩進んで半歩戻るのと同じです。

「でも、毎回12時間空けるなんて意識できない…」

12時間というのはあくまでも目安なので、そこまで厳密に守らなくても大丈夫です。

基本的には朝起きた後と夜寝る前に使用すれば十分効果を発揮しますよ!

リアップは1日3回使用はダメ

「リアップは1日2回以上使った方が効果あるんじゃないの?」

1日2回を超えての使用は、副作用のリスクが高まるのでNGです。

元々刺激性がある成分なので、かゆみやかぶれが出る可能性が高くなります。

また、効果自体も1日2回とあまり変わりません。

1日3回だと、ミノキシジルの効果が切れていないのに頭皮に塗ることになるのでむしろ効率が悪いです。

「早く薄毛を改善したい!」という気持ちは分かりますが、2回を超える使用はメリットがないので我慢しましょう。

リアップの使い方/コツ

リアップの使い方のコツ
「リアップの使い方にコツってあるの?」

実際にリアップを使う時のコツは2つあります。

  1. 「等間隔」で頭皮につける
  2. 使った後は指で触らない

上記のコツを実践する事で、リアップの成分を効率よく浸透させることができます。

リアップに含まれるミノキシジルは発毛効果が高いですが、頭皮に浸透しなければ効果を発揮できません。

なので、「いかに効率よく頭皮に浸透させるか?」がリアップを使う上で重要なポイントになります。

それでは、コツ2つをそれぞれ解説します!

リアップの使い方なコツ1:等間隔でつける

間隔を具体的に言うと、大体でいいので“1cm”空けるように使ってみてください。

「なぜ1cmで等間隔なの?」

理由は2つあります。

  1. 効率的に成分を浸透させる
  2. 髪の毛に液体がつきにくくなる

リアップの液体を頭皮につけると、大体1cmほど頭皮に広がります。

なので、1cm間隔で使う事で無駄なく頭皮に浸透させることができるのです。

そして等間隔でつけるメリットの2つ目は、髪の毛に液体がつきにくくなること。

リアップをつける間隔が近すぎると、液体がダブって髪の毛につく確率が上がります。

ミノキシジルは髪の毛についても効果を発揮できないので非常にもったいないです。

それに、リアップは少しベタつきがあるので、髪の毛がゴワゴワしてしまってストレスになります。

リアップは毎日使うものなので、できる限り使用にストレスを感じたくないですよね。

約1cmの等間隔で使用することで、髪の毛がごわつくデメリットも軽減することができます。

リアップの使い方のコツ2:使った後は指で触らない

リアップを使った後、ついつい指でわしゃわしゃしたくなる…

そんな方は多いのではないでしょうか。

でも実は、それって逆効果なんです。

リアップをつけた後指で触ると、液体が指についてしまって頭皮に浸透する量が減ります。

これ、めちゃくちゃもったいないですよね。

たしかに、リアップを塗った後に指で浸透させたくなる気持ちは分かります。

しかし、液体が指についてしまっては本末転倒です。

ここは触りたくなる気持ちをグッとこらえて、自然乾燥させましょう。

30分もすればほぼ乾きます。

テレビやYouTubeを見るなりすれば勝手に時間が経っているので、基本放置すればOKですよ。

リアップの使い方/洗髪

リアップの使い方/洗髪
「リアップを使う前に頭を洗う必要ある?」

リアップで発毛効果を出したいなら、使用する前の洗髪は必須です。

基本的にリアップを使用する前は頭を洗ってから使いましょう。

理由は、頭皮をきれいにすることでリアップの成分が浸透しやすくなるからです。

リアップの成分は頭皮の毛穴から吸収されます。

頭皮が汚れたままだと、汚れが邪魔をしてリアップの成分が吸収されづらくなります。

頭を洗って頭皮をきれいにすれば、邪魔者がいなくなるので、成分がしっかり浸透していく訳です。

「朝も頭を洗わないとダメ?」

朝は時間がなく中々洗髪する時間がない方は多いと思います。

前日の夜に頭を洗っているのであれば、朝は水で流す程度で大丈夫ですよ。

夜は基本寝るだけなので頭皮に汚れもほとんどついてないと考えられます。

少量の皮脂やホコリ程度なら、水で流すだけで十分落とせるので、朝起きたら水でサッと流してしまいましょう!

リアップの使い方/ドライヤー

リアップの使い方/ドライヤー
リアップの使い方でよくある疑問として

「ドライヤーはいつ使えばいい?」
「リアップつけた後にドライヤーで乾かしてもOK?」

ドライヤーに関する疑問がある方は多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、必ずリアップを使う前にドライヤーしてください。

理由は

  1. 水分を飛ばしてからの方が成分が浸透しやすい
  2. リアップの液体をドライヤーで乾かすと浸透しない

理由をそれぞれ解説しますね。

リアップはドライヤーで水分を飛ばすと浸透しやすい

前の章でリアップは頭を洗ってから使用することをお伝えしました。

その理由は頭皮の汚れが邪魔にならないようにするため、でしたね。

ドライヤーを使う理由もほとんど同じです。

頭皮に水分が残っていると、リアップの成分の浸透を邪魔します。

リアップの液体は浸透しやすいように構成されていまして、水分と混ざると浸透力が落ちるんですよね。

なので、頭皮に水分が残っていない状態でリアップを使う方が効率よく成分が浸透します。

「ドライヤーでどれぐらい乾かせばいいの?」

目安としては、頭皮を触った時に水気を感じなければOKです!

逆に乾かしすぎないように注意しましょう。

過度に乾かすと頭皮が乾燥してフケが増える原因になります。

リアップの液体をドライヤーで乾かすと浸透しない

リアップを使った後にドライヤーを使うのは絶対にやめてください。

せっかく頭皮についた成分が浸透する前に蒸発してしまうので、本当にもったいないです。

リアップを使った後は自然乾燥させれば大丈夫ですので、乾くまで待ちましょう。

リアップの使い方/マッサージ

リアップの使い方/マッサージ
発毛剤や育毛剤の使い方でよく

「頭皮マッサージはした方がいい」

という説明を見たことがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、「実際頭皮マッサージって意味あるの??」と疑問に思うのが正直なところですよね。

そこでこの章では、リアップを使う際のマッサージの有効性について解説します。

結論からお伝えすると、

マッサージは効果あるが、やらなくても発毛効果に変わりはない

です。

頭皮マッサージとミノキシジルの関係

まずは頭皮マッサージとミノキシジルの関係性から解説します。

頭皮マッサージの効果は「頭皮の血行促進」です。

そしてミノキシジルにも「血行促進」があり、毛母細胞(髪の毛を作る細胞)に十分な栄養を届ける事で発毛させます。

つまり、頭皮マッサージとミノキシジルの効果は相性が良いです。

頭皮マッサージをする事でミノキシジルの「血行促進」をサポートできます。

この事から、リアップを使う上で頭皮マッサージは有効的であると言えます。

しかし、

「実際どこまで発毛効果に関わっているのか?」

という疑問も出てきますよね。

ミノキシジルと頭皮マッサージの相乗効果が証明されたような臨床データを探しましたが、見つかりませんでした。

なので、頭皮マッサージは理論上は発毛に有効的である、としか言えないのが現実です。

この事から冒頭で、頭皮マッサージはリアップを使う上で有効的だけども、やらなくても発毛効果に変わりはないと結論づけました。

「正直マッサージするのは面倒だ!」

と思っている方はやる必要はないと思います(´・ω・`)

頭皮マッサージの方法

とはいえ、

「効果がある事は全部試したい…!」

という方もいらっしゃいますよね。

ここからは具体的な頭皮マッサージの方法をご紹介します。

まず前提として、頭皮マッサージはリアップの使用前に行いましょう。

よく育毛剤の使い方として、「育毛剤を使った後にマッサージしましょう」と書かれていますが、リアップの場合はNGです!

なぜなら、リアップ使用後にマッサージをすると指に液体がついてしまうので、頭皮に必要な量が浸透しないからです。

また、リアップは1回1mlと他の育毛剤より少ない量しか使えない事も理由の一つ。

他の育毛剤だと1回3ml使う事が普通なので、指でマッサージしてもそこまで影響はないんですよね。

頭皮マッサージは次の3つのやり方があります。

方法やり方
揉捻法じゅうねんほう指の腹で頭皮をグルグルともみほぐす方法
圧迫法指の腹で頭皮をつかみ、弾みをつけるように指を離す方法
叩打法こうだほう軽く握った状態のこぶしで、頭皮をトントンと叩くように行うマッサージ方法

マッサージは頭皮を押すだけじゃない事が分かりますね。

上記を全て組み合わせてやるのも良いですが、血行促進に一番効果があるのは「圧迫法」です。

やり方に迷ったら、とりあえず「圧迫法」で頭皮をマッサージしておけば大丈夫ですよ!

注意点はあまり力を強く入れ過ぎない事。

頭皮が傷ついたり抜け毛の原因になるので、“痛気持ちいい”程度の力でやるのがコツです。

「時間的にはどれぐらいやればいいの?」

2,3分で血行は十分良くなります。

やってみると気持ちいいもので、2,3分ぐらいなら一瞬で終わる感覚です

マッサージに興味ある方はぜひ試してみてくださいね。

リアップの使い方/リアップシリーズの使い方

リアップの使い方/リアップシリーズの使い方
この章では、各リアップシリーズの使い方をご紹介します。

タップすると各商品の説明まで飛びます

それではそれぞれ解説していきます!

リアッププラスの使い方

使用回数1日2回
1回の使用量1回1ml

リアッププラスの使用手順
・印を「計量」の位置にあることを確認
・ノズルを下向きにして液体を貯める
約3秒で1ml貯まります。
・もう一度ノズルを上向きにして印を「塗布」の位置に合わせる(カチッと音がするまで)
・先端を頭皮に軽く押し当てることで液体が出るので液体がなくなるまで使用
・最後に印を「計量」に合わせて終了

 

リアップジェットの使い方

使用回数1日2回
1回の使用量1回15噴射(1ml)

 

リアップジェットの使用手順
・キャップを外してロック状態になっているか確認(窓が赤い目印になっていればOK)
・スプレーの噴射部分をカチッと音が鳴るまで回してロック状態を解除(赤い目印が見えなくなります)
・噴射部分を頭皮に押し当てて使用。
カチッと音が鳴るまで押すと噴射されます。
合計で15回まで噴射可能です。ちなみに、リアップジェットは15回の噴射でちょうど1ml使えるようになっています。
・15回噴射すると自動的にロックがかかる
・最後にキャップを付けて終了

 

リアップリジェンヌの使い方

使用回数1日2回
1回の使用量1回1ml

 

リアップリジェンヌの使用手順
基本的にはリアップX5と同じ使い方になります。
・キャップを回して外す
・黒いノズルが下を向くように逆さに向ける
液体が計量室に1ml貯まるのを待ちます。
リジェンヌも約3秒で液体が貯まります。
・容器の先端を頭皮に押し当てて液体を塗布していく
プシュ、という音が鳴ってじわりと液体が頭皮に染み出していきます。
・液体が出なくなるまで場所を変えながら塗布していく
・液体がなくなったら容器を立てにしてキャップを閉めて保存

 

フレッシュリアップの使い方

使用回数1日2回
1回の使用量適量

 

フレッシュリアップの使用手順
・気になる部分に噴射する
頭皮に近づけて噴射するとしっかり頭皮に噴き付けることができます。
遠目から使うと髪の毛についてしまうので、頭皮に近づけるのがコツですね!
また、使用量が特に決められておらず、気になる場所にまんべんなく行き渡る量が適量になります。
重ね付けしてもあまり意味がないので、1回噴射すれば大丈夫です。
・噴射後は指でマッサージして成分を浸透させる

 

リアップの使い方/まとめ

リアップは正しく使用すれば高い効果を発揮してくれます。

リアップを使っても意味なかった…と落ち込む前に自分の使い方をもう一度見直してみましょう!

最後にもう一度記事の内容をまとめます。

リアップの使い方まとめ
  • リアップは朝晩の1日2回使用が最適
  • 約1cmの等間隔で塗るのがコツ
  • 使った後は指で触らず自然乾燥
  • 洗髪して頭皮をきれいにするのは大前提
  • ドライヤーと頭皮マッサージはリアップを使う前

リアップを正しく使用して良い発毛ライフを!

リアップもいいけど、他の育毛剤も気になる…という方はこちらのページがおすすめです→育毛剤 比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました